宿泊予約 宿ぷらざ

  NTFS領域をマウントする(RPMでお手軽編)

最近のRedhatはデフォルトではNTFS領域のマウントができません。もちろんカーネルがサポートしているのでカーネルの再コンパイルでもいいのですが、RPMでお手軽に使用可能にすることができます。

Linux NTFS RedHat Page から該当バージョンのRPMファイルをダウンロードしてインストールするだけで使用可能になります。

例えば以下のようにします。

# rpm -ivh kernel-ntfs-2.4.18-27.8.0.i686.rpm

これで完了です。


手動で/mnt/NTFS というディレクトリにマウントしたい場合は


# mkdir /mnt/NTFS
# mount -t NTFS /dev/hda1 /mnt/NTFS

とします。
ここで /dev/hda1 はNTFSファイルシステムのデバイスですので、自分の環境に合わせて下さい。


なお、現在はNTFSはリードオンリーであり、書き込みはまだ正式にはサポートされていません。




カーネルのコンパイルで対応する場合や起動時に自動マウントするには次のリンクを参考にして下さい

カーネルのコンパイルからはこちら















       [へなちょこlinuxのコーナーへ]    [ホームへ]