転職登録で最適なお仕事をご紹介します
  lokkitでファイアーウォールの設定

redhat linux7.x ではセキュリティーの問題からインストール直後はいくつかのネットワークサービスが止められていたり、ファイアーウォールの設定により外部からのアクセスができなくなっています。

セキュリティーの設定はインストール中にも求められてきますがインストール後にファイアーウォールの設定を変更するには lokkit コマンドを使用します。

rootユーザーで

# lokkit

とすれば起動されます。

あるいは setup コマンドで表示されるメニューから 「Firewall configration」 を選択します。


あとはメニュー画面に基づいて設定するだけです。

アクセス許可したはずのサービスなのに外部からアクセスできない場合はそのサービス自身が起動されているかどうかも確認してみて下さい。

サービスの確認は setup コマンドから System services を選択すれば確認できます。


さらに詳細なファイアーウォールの設定を行いたい場合は firewall-config コマンドを行います。




       [へなちょこlinuxのコーナーへ]    [ホームへ]