転職登録で最適なお仕事をご紹介します

ハードディスクを増設しました




複数のディストリビューションをインストールしたくてハードディスクを増 設してみました。今回の増設はIDEのディスクです。

WindowsではBIOSレベルで認識さえしてくれればあとは簡単!なのですがLinuxではどうでしょう?

まずは私のDELL Dimension V400C のふたを開けてみて電源もIDEのくちもあまっていることを確認。
次にHDを買って来て増設です。
購入時にはプライマリーのマスターとして1台のHDがつけられてあるので
プライマリーのスレーブとして2台目の新規ディスクを増設します。
ジャンパーを指定通りにセットし、IDEのケーブルと電源ケーブルを差したらさ電源投入です。
BIOSで確認できるかもしれませんがlinux起動後に自動的に認識してくれていることを確認します。
dmesegコマンドで確認します。例えばこんなかんじです。

$ dmesg | grep hdb
ide0: BM-DMA at 0x1040-0x1047, BIOS settings: hda:pio, hdb:DMA
hdb: WDC WD307AA-00BAA0, ATA DISK drive
hdb: WDC WD307AA-00BAA0, 29333MB w/2048kB Cache, CHS=3739/255/63, UDMA
hdb: hdb1 hdb2 hdb3 hdb4
$

この例では既にパーティションを切っているので初期とは少し異なっています。

次に fdisk コマンド、又は、cfdisk コマンドを用いてパーティションをきります。

fdiskの場合は現在の状況を p コマンドで確認し、n コマンドで新規パーティションを作成します。
w コマンドで終了すれば完了です。

cfdiskコマンドの場合はメニューに従えばそれほど難しくありません。
個人的にはcfdiskの方が使いやすいですし、8G以上の大容量DISKの場合も問題が少ないようです。

次にフォーマットです。
# mkfs -t ext2 /dev/hdb1
とすればフォーマットされ、linuxで使用可能となります。
同様に他にパーティションを作成している場合はフォーマットします。
なお、デバイスlファイル名は以下のようになります。

/dev/hda IDEディスクの1台目
/dev/hda1 IDEディスクの1台目の1つ目のパーティション
/dev/hda2 IDEディスクの1台目2つ目のパーティション
/dev/hdb IDEディスクの2台目
/dev/hdb1 IDEディスクの2台目の1つ目のパーティション


され、使用するにはマウントする必要があります。
まずマウントするディレクトリを作成し、マウントしたいデバイスを指定します。
例えば /mnt/hd1 ディレクトリに /dev/hdb1 をマウントしたい場合は
# mkdir /mnt/hd1
# mount /dev/hdb1 /mnt/hd1

これで 使用可能です。 df コマンドで確認してみてください。
このマウントではlinuxを再起動するとマウントは解除されてしまうので
/etc/fstab に設定を記述しておけば起動時に時動的にマウントされます。

fstabへの記述方法は,こちらを参考にして下さい。
vfat形式のマウント方法ですが参考になると思います。






















       [へなちょこlinuxのコーナーへ]    [ホームへ]