シティバンク・クレジットカードの入会申込。

フロッピー(FD)を使いたいのですが。


FDのフォーマットはこちら 一般ユーザーでのFDのマウントはこちら


普段さりげなく使用しているwindowsでフォーマットしたフロッピー(FD)はlinuxでも読み書き可能です。
ただwindowsみたいにfdを差し込めば使えるわけではありません。マウントする必要があります。
FDをセットして root になり次のコマンドを打ちます。
mount -t vfat /dev/fd0 /mnt/fd

(説明)
ここで-t オプションでファイルタイプを指定しています。vfatと指定しているのでwindowsのロングファイル名を扱うことができます。
/dev/fd0 はwindowsでいうところのAドライブと認識しておいて下さい。
/mnt/fdはマウントポイントです。注意しなくてはならないのは /mnt/fd というディレクトリを事前に作成しておくことです。(最近のディストリビューションはデフォルトで /mnt/floppy が事前に作成されていることが多いようです)

このディレクトリが存在しない場合はエラーとなります。もちろん /mnt/fd は例ですので変更しても構いません。
例ではFDは /mnt/fd のディレクトリとして扱うことになります。
cd /mnt/fd
のあと ls してみて下さい。FDの中身が見えましたよね。書き込みも可能です。
いちいちマウントしなくてもwindowsのようにドライブにセットすればすぐにfdを扱うことができるソフトがあります。
mtools と呼ぶものです。vineには標準でインストールされています。
こちらに使用法を載せています。
詳しくは mtools のヘルプ等を参照して下さい。

マウントした後、別のFDを使いたい時はまず アンマウントしてからfdを取り出して下さい。これを忘れるとfdへの書き込みが不完全な状態で取り出されてしまうことがあります。その後新しいFDを同じ手順でマウントして下さい。
またキャッシュに溜っていてDISKにまだ書き込まれていないデータを強制的に DISKに書き込むには sync というコマンドを用います。
ですので通常は
# sync
# umount /mnt/fd
とすべきです。

FDのフォーマットはこちら 一般ユーザーでのFDのマウントはこちら




へなちょこLinuxのコーナー          ホーム