Apache 1.3.12 をソースからインストールしました。   3rd of August,2000 更新:30th of June,2001

 rpmからのインストールはこちら
先日vineのrpmからインストールして使用していたのですが、postgresql + apache + php で
なんか作ってみよう思いいろいろ調べてみるとapacheの再コンパイルが必要とのことで
ソースからインストールが必要であることを発見しました。

まず  apache_1.3.12.tar.gz  をdownloadしてきます。 ここ からもってきます。
そして
/usr/local/src にこのファイルをコピーして
# tar xvfz apache_1.3.12.tar.gz
# cd apache_1.3.12/
# ./configure
# make
# make install
ここで httpd.confを編集して
#ServerName サーバー名
の行のコメントを解除します。
ServerName サーバー名
# vi conf/httpd.conf

コンフィグファイルのチェックを行います。
# /usr/local/apache/bin/apachectl configtest

いよいよ起動です。
# /usr/local/apache/bin/apachectl start
もちろん途中でエラーの発生していないことを確認します。

これらの方法はapacheのサイトに記載されていますのでそちらを参考にすればよいでしょう。 2001年6月現在の最新apache_1.3.20 でも手順は全く同じです。

これでNetscape等を起動して http://localhost 又は http://ホスト名 で確認できます。
は/etc/rc.d/rc.local に    /usr/local/apache/bin/apachectl start     を記述して
マシンの起動時に自動起動させています。

postgresql は こっち でインストールしているのであとはphpをインストールすればweb システムの構築環境は整いますね。


[へなちょこlinuxのコーナーへ]         [ホームへ]