Deep Side of Java〜Java 言語再入門 第4回 〜 アプレット、スレッド、AWT

GridBagLayout サンプル Applet

GridBagLayout は自由度が高い反面複雑で、一見してどういうレイアウトなのか初心者には判りづらい。そこで、GridBagLayout に制約を与える「GridBagConstraints クラス」の各種パブリックフィールドをGUIよっていろいろいじるアプレットを書いてみた。最初はただ1つ「項目0」のボタンがレイアウトされて見えているが、このアプレットでは実は9つの項目があり、最初ではすべて「gridx=0, gridy=0」に GridBagConstraints が初期化されているために、最初の項目「項目0」以外はその下に重なっており、表示されない。

だからまず、「項目1」などの「gridx, gridy」を0以外の値にしてみよう。そして、一番下にある「do Layout!」ボタンを押すと、多分新しいボタンが表示される。このようにして、10種類ある GridBagConstraints のパブリックフィールドについて、どういう相互作用でレイアウトするのかを簡単に実験できる。



copyright by K.Sugiura, 1996-2006