MovableTypeを制覇する

最近ブログ大流行だ....で、筆者ページのような「個人ページでレガシーなHTMLで書いているページ」ってのはちょっと少なくなって来てさえいる今日この頃である。まあ、筆者ページの場合、結構記述が体系的だったりするわけで、ブログみたいな書き方だとちょっとばかしやりにくい..というあたりがあったりする。要するに筆者はメモを公開したりしないし、日記を書いたりしないんだな。

とはいえ、仕事とか自分の勉強とかでは、ブログってものを無視して通すわけにはもういかない。というわけで、筆者も MovableType を少々勉強しだしたわけである....が、本とか探しても、

  1. 完全初心者向けのブログの作り方
  2. デザイナ向きのテンプレートタグの使い方

を解説した本は既に山のようにある...が、筆者みたいな骨の髄までハッカーな人間が「買いたい!」って思う本はそんなにない。かろうじて「MovableType 上級カスタマイズ術」(藤本壱著、技術評論社刊)くらいなものだ。でもこの本でも、せいぜいプラグイン製作止まりだ....そりゃ参考にはなるが、筆者のハック魂を燃え立たせるようなものじゃ、残念ながらない。

というわけで、MovableType で「筆者のツボ!」にハマる項目というのは...探すとアルぞ。それは XML-RPC 関連である。で、XML-RPC で結構ムチャをしてみようというのが、このページの狙いだ。ここでやろうとするのは、

  1. 既存HTMLページを強引にブログ化するスクリプト(Perl)
  2. James でメールを受け付けて MovableType を更新するいわゆる「モブログ」。

というあたりだ。実際には mt-xmlrpc.cgi をハックして機能を追加しちゃう、なんてあたりまで解説する。要するに「MovableType だって威張っていても、タカがCGIである!」というノリでハックし倒すわけである。こうでなきゃ筆者のページじゃないわな。

で...著作権とか気になるので Six Apart のページを見たら、こういう風になっている。

Movable Typeをカスタマイズしてもいいのでしょうか?

ソースコードそのものは改変していただくことは可能です。ただし改変したソースコードの再配布は禁止されておりますので、カスタマイズしたソースコードを使って他社のシステム構築などを手がけることはできません。

シックス・アパートでは、プラグインや標準APIを使ったシステムの機能拡張をお勧めしておりますので、ご検討ください。

となっている。まあ、Perl の CGI に過ぎないわけだから、ソースは丸見えである。ハックするな、という方が無理だ。筆者は著作権を侵害する気は毛頭ないので、「改変したソースコードの再配布」などというムチャなことはしない。あくまでこれを読んだ個人が、単にこのページを参考にして「自分の責任」でハックすることにしてくれ。

目次
  1. XML-RPC って?
  2. いわゆる Blogger API とその拡張
  3. 既存ページをブログに変換する
  4. 何で Category を作れないの?
  5. リンクを有効にする
  6. Java だとこうなる
  7. APIを自動判定しちゃう
  8. あとがき

で、このシリーズをやっぱり MovableType のブログに変換したサンプルがある。こっちも見てくれたまえ。



copyright by K.Sugiura, 1996-2006