Excel Tips by pPoy

トップへ←Top    VBAへVBA  VBA基礎へVBA 基礎  一般へ一般  

MS Query AccessのデータをExcel側でリンク設定 《MS Query》(Excel2000)
Access側からExcelのシートをリンクする方法は簡単ですが、その逆もたまにあります。
例えば、Accessでは作業できないがExcelなら大丈夫という方にはお勧めです。

これは、Accessのデータに変更は加えられず、単にExcel側からAccessデータを読むに留まります。
ですので、データに変更を加えて欲しくないときなど、最適でしょう。

ツールとして、MS Query を使用します。
方法は、まず、アドインにこの MS Query を追加する必要があります。

また、この作業は実際に Excel ファイルを使用する方の PC で行った方が簡単です。
もし、別のPCでなさるのでしたら、全てのファイルは共有フォルダに置く必要があります。
また、データベースの再接続を設定する必要もあります。

Excel2002 の場合はもうちょっと簡単です。方法は、こちら です。
  • 新しいエクセルファイルを開きます。 

  • ツール−アドインで、MS Queryアドイン にチェックを入れてください。

  • データ−外部データの取り込み−新しいデータベースクエリ
    ここで、MS Access Database* を選択し、OK

  • 該当する mdb ファイルのフォルダとデータベース名を選択

  • 該当するクエリー名を選択し、次へを押す

  • データの抽出では、クエリー内の全てのフィールドをリンクする場合は、
    そのまま、次へを押す

  • 並べ替え画面でもそのまま、次へ

  • Microsoft Excel にデータを返すにチェックをし、クエリの保存をする。
    (但し、これはそのままでは、自分のPCに保存されます。
    他PCでこのエクセルファイルを開いたときは、再設定する必要があります。)

  • 完了を押す。

  • 最後に、表示するシートを聞いて来るので、既存のシートを選択し、OK を押す。
これで、クエリーの実行結果が指定されたワークシートに表示されます。
また、「外部データツールバー」 がシートの上に表示されます。
この 「データの更新」 ボタンを押すと、最新の Access データに更新されます。


この頁のTOPへTop

【念の為の注意書きです。】
このページ(下位ページ含む)の全ての物の無断転載を禁止いたします。
又、当ページ(下位ページ含む)に記載されていることは、全て自己の責任において実行してください。

Copyright(C) pPoy 2000-2010