Excel Tips by pPoy

トップへ←Top    VBAへVBA  VBA基礎へ VBA 基礎  一般へ一般  

Macro ABC 各種パス取得方法 (Excel97,2000,2002)
Excel 関連の各種パス取得方法をまとめてみました。

≪ActiveWorkbook プロパティ≫

一番手前に表示されている、アクティブ ウィンドウ内にあるブック
(Workbook オブジェクト) です。
  '現在アクティブな WorkBook のフルパス
  '例;D:\MyData\2003年\実績.xls

  ActiveWorkbook.FullName
  '現在アクティブな WorkBook のファイル名
  '例;実績.xls

  ActiveWorkbook.Name
  '現在アクティブな WorkBook のパス
  '例;D:\MyData\2003年

  ActiveWorkbook.Path

≪ThisWorkbook プロパティ≫

現在実行中のコードが記述されているブック (Workbook オブジェクト) です。
  '現在実行中のコードが記述されているブックのフルパス
  '例;D:\MyData\2003年\実績.xls

  ThisWorkbook.FullName
  '現在実行中のコードが記述されているブックのファイル名
  '例;実績.xls

  ThisWorkbook.Name
  '現在実行中のコードが記述されているブックのパス
  '例;D:\MyData\2003年

  ThisWorkbook.Path
この頁のTOPへTop
≪RecentFile オブジェクト≫

最近使用したファイルリスト内のファイル(複数)です。
  '最近使用したファイルの内、2個目のフルパス
  '例;D:\MyData\2002年\実績.xls

  Application.RecentFiles(2).Path
  '最近使用したファイルの内、2個目のファイル名
  '例;実績.xls

  Application.RecentFiles(2).name

≪AutoRecover オブジェクト≫

ブックの自動回復機能によって自動的に保存されたファイルが、格納されるフォルダです。
Excel2002 からの対応です。
  '自動回復機能によってファイルが保存されるフォルダのパス

  Application.AutoRecover.Path
≪注意≫
これは OS によっても、又手動で変更してある場合でも、それぞれ異なります。
標準の保存先は、以下のようになっています。

  • WinXP or Win2000
      C:\Documents and Settings\ユーザ名\Application Data\Microsoft\Excel\

  • Win98,Me 通常
      C:\Windows\Application Data\Microsoft\Excel\

  • Win98,Me 複数ユーザ登録時
      C:\Windows\Profiles\ユーザ名\Application Data\Microsoft\Excel\

  • 自動回復機能によって保存された Excel ファイルの拡張子は、「.xar」 です。

≪TemplatesPath プロパティ≫

テンプレートが保存されているローカル パスです。
  'テンプレートのパス

  Application.TemplatesPath
≪注意≫
これは OS や使用環境よってそれぞれ異なります。標準の保存先は、以下のようになっています。
  • WinXP or Win2000
      C:\Documents and Settings\ユーザ名\Application Data\Microsoft\Templates\

  • Win98,Me 通常
      C:\Windows\Application Data\Microsoft\Templates\

  • Win98,Me 複数ユーザ登録時
      C:\Windows\Profiles\ユーザ名\Application Data\Microsoft\Templates\
この頁のTOPへTop
≪おまけです≫

  '規定のフォルダ名
  '例;C:\Documents and Settings\ユーザ名\My Documents

  Application.DefaultFilePath
  'Excel がインストールされているフォルダ名 (Excel.exe のパス)
  '例;Excel2002 規定インストール時= C:\Program Files\Microsoft Office\Office10

  Application.Path
  'OS名とそのバージョン
  '例;Windows2000 の場合= Windows (32-bit) NT 5.00

  Application.OperatingSystem
  '規定のプリンタ名
  '例;Canon LBP-3260 on LPT1:

  Application.ActivePrinter
  '最終更新日
  '例;2003/11/05 21:26:22

  FileDateTime(ファイルのフルパス)
  'ファイルのサイズ (byte)
  '指定したファイルが既に開いている場合は、ファイルが開かれる前のサイズ
  '例;126976

  FileLen(ファイルのフルパス)


この頁のTOPへTop
【念の為の注意書きです。】
このページ(下位ページ含む)の全ての物の無断転載を禁止いたします。
又、当ページ(下位ページ含む)に記載されていることは、全て自己の責任において実行してください。

☆ 感想をお知らせください (直接ブラウザから送信致します。メールアカウントは不要です。)
  form mail はこちら


Copyright(C) pPoy 2003-2010