近況 Profile Stance Documents Software Thanks! はみだしRyn
上へ
まいります
Rynのページ(情報教育研究室)

管理人のノート
近況

登録日 96/02/07  更新日 18/01/15



近況


謹賀新年。2回目の戊戌。冥土の旅の一里塚、嬉しくも有り、嬉しくも無し。いや、マジで。
今年も年賀状、出せませんでした。ごめんなさい。

今の勤務校は、ICT機器を活用した学び直しの実験校。 管理職は、その指向に対する意見は当然人によって色々有ると思うけど、筋は通っている。アリだと思う。 若いこれからの先生方は、それぞれの手法、持ち味で、 みな、生徒と向き合い自分の授業に丁寧に取り組んでいる。 校内のタブレット環境は、少しずつ、一歩ずつ、地道に前進中。 だからこそ、トラブルが起きない様に、起きても対応出来る様に、管理することが、肝要。 内輪の手抜き談合&隠蔽な馴れ合い体質→陰湿なパワハラ&責任転嫁に辟易している私には、 今の環境は精神的に楽。 内心思う事は有るけれど、もう強いて出しゃばるまい。 私も、まだまだ勉強。頑張らな。

現在、昨年末のASEP2017の事後処理(資料を纏めたり報告書を書いたり)とサーバの引越作業の為に、 こちらの更新が全く止まっているが、 こちらも、時間や体調と相談しながら、少しずつ、一歩ずつ、の前進なので、 暖かくなる頃には、何かしらの変化が有るかも。無いかも。


頑張れ、繋がれ、形骸化させるな、これからの若い教諭達! その思いは22年前の chips-ml の時代から全く変っていない。 全国彼方此方での幾つもの化学反応と其の行方が、とても嬉しい。

所謂「ファーストペンギン」と呼ばれる言葉は、 21世紀以降に自己啓発セミナー的に持て囃され出した ペンギンも困惑する様な、闇雲な個人の損得勘定の解釈も否定しないけれど、 インターネット黎明期のハッカー(*1) 的な感覚の方が、 勇気もリスクも変わらない分、より現実的でクリエイティブだ、と思っている。
例えば私は、 22年前のchips-MLも、22年前と21年前の全国珠算競技大会の成績処理(*2)も、 20年前の全国図書館研究大会の参加者DBも、18年前の地元のICT研究会も、・・・(中略)・・・ そして今の地元の高校生ICT Conferenceも、その他色々も、 全て其の時の仲間の力が有ってこそだし、個人的な損得勘定でやっている訳では無いさ♪ と、ボソッと言ってみる。 あの頃は、県外の高校にLAN入(ネットデイ)したり、色々と楽しかったな。

(*1) ハッカー=クラッカーでは無いよ。
(*2) 初めてPC単独で処理をした年。判定の複雑さも大変だったが、当時の微妙なアウェイ感は判る人は判る、多分。 私は、珠算の思考は、コンピュータの思考の基礎基本の一つとして重要だと考えております。


大昔、試験に落ちたい時は試験官を殴り倒せば良い、という短編漫画が有ったが、
私ってこれなんだな、と、最近、思い至った。