iProjectとは、
日本のソフトウエアを海外に紹介するために始められたプロジェクトである。 現段階はフェース3である。

フェーズ

  1. LHAやKISSを始め、400本以上のソフトの英語版の作成を支援し、 海外へ配布。米、独、仏を始め、海外の雑誌でも紹介され、CD−ROM でも配布された。南極やアフリカにもユーザができ、世界の7大陸に 日本のソフトを普及。
  2. インタネット上で海外ユーザと日本ユーザの交流を図るため、 海外ユーザ向けに日本のインタネットを使用できる情報を提供。 特に、日本のWWWページの閲覧と日本語が使えるメール・ソフトを紹介。
    フェーズ1のプログラム中心から、他分野のソフトの普及に移る。 海外での多くの分野の日本ソフトの認識度を高める。
  3. 日本の開発者各自が海外へソフトを配布できるような基盤を作成。 主に、インタネットでftpサイトとサポートのためにWWW Board を開く。iProjectが行っている他作業も各自が出来るようにする 仕組みを作成する予定。
課題
  1. 残念なことに、研究結果は日本で普及するより、先ず海外で普及した 方が標準になる可能性が高い。海外の適切はところへ紹介できるような 仕組みを考える必要がある。