温痛覚の神経経路について述べよ。

皮膚に生じた疼痛と温度の感覚は、皮膚から脊髄に向かう神経線維を伝わり、
脊髄後根から脊髄内に入り、後角灰白質に達する。
後角でシナプスし、第2次ニューロン突起が脊髄の前白交連を通過し、
反対側の
外側脊髄視床路に達してから上行、視床の後外側腹側核(VPL核)にまで至る。
後外側腹側核内で第2次、第3次ニューロン間のシナプスが行われ、
後者の突起が
内包後脚を通過しながら上行し、中心後回に至る。
中心後回をなす皮質灰白質は、1次体性知覚領(3+1+2野)に該当し、疼痛や温度覚を生む。

大脳皮質(体性知覚野)
 ↑
内包後脚
 ↑
視床後外側腹側核
 ↑
脊髄外側脊髄視床路)← 前白交連 ← 脊髄後角灰白質)← 感覚神経