マッソントリクローム染色について述べよ。

「原理」
鉄ヘマトキシリンで核を染めた後に、
拡散速度の大きい
小色素分子(酸フクシン、ポンソーキシリジン)が細胞細網孔へ、
拡散速度の小さい
大色素分子(アニリン青)が膠原線維粗構造へ入り込み青色に染め出す。

「試薬」

@ 媒染剤
10%トリクロル酢酸水溶液          1容
10%重クロム酸カリウム水溶液        1容

A ワイゲルトの鉄ヘマトキシリン液(使用時に1液と2液を等量混合)
1液  ヘマトキシリン            1g
    100%エタノール          100ml
2液  市販のものを使用

B 1%塩酸70%アルコール

C T液
1%ビーブリッヒスカーレット        90ml
1%酸性フクシン              10ml
酢酸                    1ml

D U液
リンモリブデン酸              5g
リンタングステン酸             5g
蒸留水                   200ml

E V液
アニリン青                2.5g
酢酸                    2ml
蒸留水                  100ml

F 1%酢酸水

「染色結果」



膠原線維細網線維糸球体基底膜 … 鮮やかな青
 … 黒紫色
細胞質
 … 淡赤色
赤血球
 … 橙黄色深紅色
粘液
 … 青色
細胞分泌顆粒
 … 好塩基性
         
好酸性
         
線維素

「方法」
@ 脱パラ、水洗、蒸留水
A 媒染(10〜15分)
B 水洗(5分)
C 鉄ヘマトキシリン液(5分)
D 軽く水洗
E 1%塩酸70%アルコールで分別
F 色出し、水洗(10分)
G 蒸留水
H T液(2〜5分)
I 軽く水洗
J U液(30分以上)
K 軽く水洗
L V液(5分)
M 軽く水洗
N 1%酢酸水(5分)
O 水洗(すばやく)
P 脱水、透徹、封入