アミノ酸炭素骨格代謝について述べよ

「概念」
アミノ基が離れた後に残ったアミノ酸炭素骨格の代謝は、それぞれのアミノ酸によって異なる。
しかし最終的には、クエン酸回路によって二酸化炭素と水に分解されるか、
糖新生または脂肪酸合成に利用される。

アミノ酸の代謝産物がクエン酸に入る経路は、
@
アセチルCoA経由
A
2-オキソグルタル酸経由
B
スクシニルCoA経由
C
オキサロ酢酸経由、に大別出来る。
なお、フェニルアラニンとチロシンは、アセチルCoAとフマル酸に変化し、クエン酸回路に入る。

           
アラニン
           システイン
           トレオニン
フェニルアラニン   トリプトファン
チロシン       グリシン
トリプトファン    セリン
リシン         ↓
ロイシン       ピルビン酸
 ↓          ↓      
イソロイシン
アセトアセチルCoA
 → アセチルCoA ← ロイシン
            ↓
            ・・・・・・・・・・・→ クエン酸       
ヒスチジン
  
アスパラギン    ↑             ↓         アルギニン
 
アスパラギン酸 → オキサロ酢酸       イソクエン酸      プロリン
            ↑             ↓         
グルタミン酸
 
アスパラギン酸   リンゴ酸         2-オキソグルタル酸 ← グルタミン
    
チロシン    ↑             ↓
フェニルアラニン → フマール酸 ← コハク酸 ← スクシニルCoA  ← メチオニン
                                   
バリン
                                   
イソロイシン